2017-04-16(Sun)

しんのすけの検査結果…

 xSgAYHvM.gif




昨日の土曜日のことです…

朝一でしんのすけは病院へ…





絶食で連れて行ったのですが…

先生の判断で…

血液検査はせずに胆のうのエコーだけ撮りました…。

で…

そのエコーがすごかった…

数名の先生方が口をそろえてこんなの見たことがない…という画像らしく…

胆のうの中がモザイク状になっていました…。

胆泥症の胆泥が結晶化しているらしく…

本当は摘出手術をしたほうがいいんだけど…

どの先生も…

全身麻酔をかけての手術はしんのすけの現状では無理という判断でした…。

ただただショックです…。

今までの血液検査では何も問題も見つかっていなくて…

久しぶりのエコーだったのですが…

新しい機械を導入して解像度がはっきりしてきたこともあり…

以前からこうだったかもしれない…ということでした。

取り合えず…

黄疸など出てないので…

今のところは胆管閉塞までには至ってないらしい…。

流れ出てしまう可能性もあるし…

様子をまめに見ていくより他にはないとのことでした…。

ちょっとは食べますが…

ほとんど食欲がない…というのも一つの症状ではないかと…

母は考え、とても心配です…。

そういえばお水もよく飲むし…

と…

ネットで調べた情報をついつい思い出して落ち込んでいます…。



背中のカイカイはまた膿皮症と診断され…

二週間効果が持続する抗生剤の注射をしてもらいました…。

二週間後に皮膚の状態を見せに来てくださいと言われたので…

その時にまた母の心配を先生にぶつけてこようと思います…。

加藤先生…

よろしくお願いします…。



昨夜のしんのすけです…。






舌の上にご飯の残りが乗っていますが…

840gありました…。



話は元に戻りますが…

犬の胆泥症はまだよくわかっていなくて…

処方食を作ろうにも作れない…。


一般的には高たんぱく、低脂肪、高繊維と言われているが…

それも定かではない…という話でした…。


どうか…

しんのすけの胆管が閉塞を起こしませんように…。








母の甥っ子が

podoというバンドで、メジャーデビューしています。

新曲もリリースしました。

HPも覗いてみてくださいね~。

こんな可愛い歌

も歌っていますよ~֥ϡ

スポンサーサイト
プロフィール

sachimam

Author:sachimam
体重が約800グラム、
今年10歳になる極小チワワのしんのすけです…。
よくぞこの小さな身体で今日まで生き延びてくれた…という思いでいっぱいですが、今から先も健康管理をしっかりして、更に長生きして欲しいと思っています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
我が家のワンコたち

conv0001

しんのすけ ロングコートチワワ 約800グラム 2005年8月8日生まれ 極小チワワ きかん坊です。 350グラムしかなかった生後三ヶ月半の時、獣医師から… たぶんこの子は内臓に奇形があるでしょう、いつどうなっても不思議はないです… といわれ… 定期的に検診を受けながら、毎日毎日祈るような気持ちで育ててきました…。 近頃、肝臓の数値が少し悪くなってきたのと、 数年前に見つかった胆泥症以外は特に重大な奇形も障害も見つからず、 胆泥症の薬や肝臓のサプリメントは必須ですが… そして体重は念願の1キロにはならなかったけど、毎日元気で過ごしています。 conv0003

まる子 ♀  シー・ズー 約5キログラム  2001年1月16日生まれ  穏やかな性格で誰からも好かれます。 アトピー体質で如何にカイカイを軽減していくかで、 ずーっと苦心惨憺してきました。 今は、アレルギー対応のフードのみにして… 週一回、専用のシャンプーでのシャンプーで比較的落ち着いています…。  年相応に白内障が少し進み、 耳も聞こえにくくなっていますがマイペースで穏やかに過ごしています。 

conv0002

みかんロングコートチワワ 約2キログラム 
2002年7月18日生まれ びびりですがとても可愛い~です。
2012年1月に還軸亜脱臼並びに脊椎空洞症と診断を受け… 脊椎の圧迫を取って… 脊椎空洞症の進行を遅らせる小脳の手術をその年の4月にしました。 その後元気に歩き回り、時には小走りに走ることもできていましたが、2014年12月頃から調子が悪くなり、2015年1月に再手術。そして2016年5月頃から体調不良が重なり、歩けなくなりました。一時は車いすで元気に歩くことができたりしていましたが、2016年9月28日、敗血症が原因で突然虹の橋を渡ってしまいました。14歳2ヶ月と10日でした。今ごろは虹の橋の向こうで元気に走り回っていることと思います。
リンク