2016-02-25(Thu)

エリカラ復活…

 xSgAYHvM.gif




今日は…

みかんが病院に行く日でした…。





ちょっと離れている病院なので…

キャリーから出して助手席に乗せると…

母にタブレットに頭を乗せて寝ていました…。

車の中はかなり暑かったので…

タブレットの画面がひんやりと気持ち良かったのかもしれません…。…



で…

診察の結果は…

あまりよくありませんでした…

白くなってる部分が今日は全くなくなっていたのですが…

それが傷のフタ代わりになっていた
らしい…

それと…

先週は新しい血管ができていて…

治そうとする勢いがあったが…

今回はあれがあまり感じられない
とのこと…。


コンタクトレンズを装着する手もあるけど…

目の表面がでこぼこしているので、使えそうもない…


とにかくしっかり目薬を差して…

また一週間後に連れてきて下さい…

と言うことで…

ずど~~んと落ち込んで帰ってきました…。


エリカラは頸椎の手術をしているみかんにとって…

痛し痒しのところですが…

エリカラは付けといた方がいいと思います…

付けとくことで平均して2週間ほど治りが早くなります…

とのことで…





みかんのエリカラ復活です…。

で…

みかんの写真を撮ってると…





やきもち焼いて…

間に入り込んでくるしんのすけです…








母の甥っ子が

podoというバンドで、メジャーデビューしています。

新曲もリリースしました。

HPも覗いてみてくださいね~。

こんな可愛い歌

も歌っていますよ~֥ϡ






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

う~ん・・・。
心配です。
目薬をしっかり差す事・・・と言われても、
これ以上どうしっかり差すの??って、
思っちゃいますよね。
みかんちゃん、頑張ってね~。
しんのすけ君は、焼きもち?(笑)

No title

おはようございます!
ダブポチ行脚中です。

外科的治療の話しは出ませんでしたか(^_^.)
やはりリスクの方が高いのかもですね。

わんちゃんって・・・
嗅覚が強いので視覚に頼らなくてもと聞いたことが
ありますが、如何せん痛々しいですね。

少しでも快方に向かってほしいものです。
がんばれ!みかんちゃん\(^o^)/


大丈夫ですよ^^

そうでしたか~
少し残念でしたが、
今すぐどうとかでないし、
目薬もあるし、気長に
治療しましょう^^

☆P

No title

絶好調です!

こんばんは。

診察結果が良くなかったんですね。

みかんちゃん、心配です。

応援☆
プロフィール

sachimam

Author:sachimam
体重が約800グラム、
今年12歳になる極小チワワのしんのすけです…。
よくぞこの小さな身体で今日まで生き延びてくれた…という思いでいっぱいですが、今から先も健康管理をしっかりして、更に長生きして欲しいと思っています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
我が家のワンコたち
しんのすけ ロングコートチワワ 約800グラム 2005年8月8日生まれ 極小チワワ きかん坊です。 350グラムしかなかった生後三ヶ月半の時、獣医師からたぶんこの子は内臓に奇形があるでしょう、いつどうなっても不思議はないです…といわれ、定期的に検診を受けながら、毎日毎日祈るような気持ちで育ててきました。近頃、肝臓の数値が少し悪くなってきたのと、数年前に見つかった胆泥症以外は特に重大な奇形も障害も見つからず、胆泥症の薬や肝臓のサプリメントは必須ですが、そして体重は念願の1キロにはならなかったけど、毎日元気で過ごしています。

まる子 ♀  シー・ズー約5キログラム 2001年1月16日生まれ   穏やかな性格で誰からも好かれます。アトピー体質で如何にカイカイを軽減していくかで、ずーっと苦心惨憺してきました。今は、アレルギー対応のフードのみにして、週一回、専用のシャンプーでのシャンプーで比較的落ち着いていま。 年相応に白内障が少し進み、耳も聞こえにくくなっていますがマイペースで穏やかに過ごしています。 

sachimam201708270001 みかん ロングコートチワワ 約2キログラム  2002年7月18日生まれ びびりですがとても可愛い~です。2012年1月に還軸亜脱臼並びに脊椎空洞症と診断を受け、脊椎の圧迫を取って脊椎空洞症の進行を遅らせる小脳の手術を、その年の4月にしました。その後元気に歩き回り、時には小走りに走ることもできていましたが、2014年12月頃から調子が悪くなり、2015年1月に再手術。そして2016年5月頃から体調不良が重なり、歩けなくなりました。一時は車いすで元気に歩くことができたりしていましたが、2016年9月28日、敗血症が原因で突然虹の橋を渡ってしまいました。14歳2ヶ月と10日でした。今ごろは虹の橋の向こうで元気に走り回っていることと思います。

 
リンク