2016-03-28(Mon)

みかんの右目…

 xSgAYHvM.gif




週末に里帰りして…

きれいな桜の写真などたくさん撮ってきているのですが…

なかなかその気になれず…

また後日載せますね…。


実は…

みかんの右目は角膜潰瘍になった後…

眼圧が異常に高くなり…

緑内障という診断を受けていました…。


そして…

目薬を差してもなかなか眼圧が下がらず…

角膜潰瘍になっていた目の中心部分が、富士山のような形に…

かなり飛び出したままで…

取り敢えず…

今日朝一で、近くのかかりつけの病院に連れて行きました…。


眼圧を計るとまた40ぐらいになっていて…

飛び出している部分は目薬を差しても差しても…

乾燥が止まらず…

先生もお手上げ状態…。


結局…

またちょっとは慣れたところにある目の専門病院に行くことになりました…。


で…

そこの先生もさんざん考えたあげく…

目の中に溜まりすぎている水を抜いて…

薬液を入れるという処置を決定…

そのようにしてもらいました…。


正常な目の中はゲル状なので、注射器では抜けないらしいのですが…

みかんのはさらさらした水の状態で…

眼圧が高くなったことでかなりダメージを受けていたようです…。


その処置の後はぱんぱんになっていた眼球がかなり柔らかくなり…

眼圧も下がっているようでした。


最悪の状態にならないように、せっせと病院に通い…

目薬もきちんきちんと差していたのに…

どうしてこんな事になるのか、納得できませんが…

仕方ありませんね…。

まだ左目の視力が残っていることが、ラッキーとでも思うようにしないと…。





みかん本犬は…

とっても元気で大きな声でワンワン言うし…

食欲もあります…。


今の時点で…

真ん中の飛び出している部分はまだ変わりませんが…


少しずつ引っ込んで欲しいです…。







母の甥っ子が

podoというバンドで、メジャーデビューしています。

新曲もリリースしました。

HPも覗いてみてくださいね~。

こんな可愛い歌

も歌っていますよ~֥ϡ







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

せっせと病院に通い、処置をされてても、
どうにもならない事があるんですね・・・。
どうか、お大事に・・・。

こんにちは

可哀想に><
でも、今日は少し、
処置のおかげか?
ふくらみが小さい気がします

☆P

No title

絶好調です!

(*´・ω・)ノこんばんわぁ

治療の効果で、

少しでも引っ込んでほしいですね・・・

応援☆
プロフィール

sachimam

Author:sachimam
体重が約800グラム、
今年12歳になる極小チワワのしんのすけです…。
よくぞこの小さな身体で今日まで生き延びてくれた…という思いでいっぱいですが、今から先も健康管理をしっかりして、更に長生きして欲しいと思っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
我が家のワンコたち
しんのすけ ロングコートチワワ 約800グラム 2005年8月8日生まれ 極小チワワ きかん坊です。 350グラムしかなかった生後三ヶ月半の時、獣医師からたぶんこの子は内臓に奇形があるでしょう、いつどうなっても不思議はないです…といわれ、定期的に検診を受けながら、毎日毎日祈るような気持ちで育ててきました。近頃、肝臓の数値が少し悪くなってきたのと、数年前に見つかった胆泥症以外は特に重大な奇形も障害も見つからず、胆泥症の薬や肝臓のサプリメントは必須ですが、そして体重は念願の1キロにはならなかったけど、毎日元気で過ごしています。

まる子 ♀  シー・ズー約5キログラム 2001年1月16日生まれ   穏やかな性格で誰からも好かれます。アトピー体質で如何にカイカイを軽減していくかで、ずーっと苦心惨憺してきました。今は、アレルギー対応のフードのみにして、週一回、専用のシャンプーでのシャンプーで比較的落ち着いていま。 年相応に白内障が少し進み、耳も聞こえにくくなっていますがマイペースで穏やかに過ごしています。 

sachimam201708270001 みかん ロングコートチワワ 約2キログラム  2002年7月18日生まれ びびりですがとても可愛い~です。2012年1月に還軸亜脱臼並びに脊椎空洞症と診断を受け、脊椎の圧迫を取って脊椎空洞症の進行を遅らせる小脳の手術を、その年の4月にしました。その後元気に歩き回り、時には小走りに走ることもできていましたが、2014年12月頃から調子が悪くなり、2015年1月に再手術。そして2016年5月頃から体調不良が重なり、歩けなくなりました。一時は車いすで元気に歩くことができたりしていましたが、2016年9月28日、敗血症が原因で突然虹の橋を渡ってしまいました。14歳2ヶ月と10日でした。今ごろは虹の橋の向こうで元気に走り回っていることと思います。

 
リンク